自律神経失調症という症状|精神病は甘えじゃない

早めの診察を

病棟

胃と小腸を繋いでいる消化管を「十二指腸」と言い、胃で消化して運ばれてくる食物をさらに消化し、小腸へ送り出す働きを持っています。この十二指腸に発生する悪性腫瘍を「十二指腸がん」と言います。十二指腸がんは消化管の癌の中では、発症が非常に稀な癌とされています。発症の原因は、何らかの理由で遺伝子が特異に変化することが要因と考えられてはいますが、現在明確にはされていません。十二指腸がん発生の経過の特徴として、良性腫瘍である「腺腫」が癌化するケースが、約8割を占めているとされています。そして「家族性ポリポーシス」という、結腸や直腸にポリープが多数発生する遺伝性の疾患を患った場合、十二指腸がんが高い頻度で発生するとされています。

十二指腸がんは、発生初期の段階では自覚できる症状が殆どないのが特徴です。癌が進行すると嘔吐や吐き気、腹痛、体重の減少といった症状が現れ始めます。さらに進行すると胆汁の出口を癌細胞が塞いでしまう為に「黄疸」が現れます。これらの症状が現れたら、十二指腸がんを疑いすぐに内科で検査を行って下さい。十二指腸がんの治療は、癌化している十二指腸の細胞を、外科手術により切除する治療法が基本となります。非常に早期に発見できれば「内視鏡手術」という、身体に殆ど負担をかけない手術で完治ができます。癌細胞の湿潤が筋肉層まで至っている場合は「胃切除術」が選択されます。それ以上に、癌の進行が重度な場合には抗がん剤を用いた「化学療法」での治療が主体となります。